就労移行支援とは

就労移行支援とは、一般企業への就労を目指す障害や難病を有する方が利用でき、就労に向けての知識や能力を身に着けることができる障害者総合支援法に基づく福祉サービスです。就職へ向けてのサポートはもちろん、就職活動や就職後の定着支援も行います。


利用対象者

一般企業への就労を希望し、原則18歳~65歳未満の身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病を有する就労が可能と見込まれる方となります。
また、障害手帳をお持ちでない場合や休職中の方も、医師の診断や定期的な通所があれば利用が可能となる場合があります。

利用に関して質問や疑問がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。


利用料金について

就労移行支援の利用料金は、前年度の世帯所得によって変化します。
(世帯収入は本人と配偶者の収入の合計であり親の収入は含まれません)

区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市民村民税非課税世帯(※1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(※2)未満)(※3) 9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(※1)3人世帯で障害基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象となります。
(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は市町村民税課税世帯の場合負担上限月額が37,200円となります。

詳しくは、お住まいの市区役所にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。06-6484-5878受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ