障がいをお持ちの就職や体調管理でお悩みの方…ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。見学・体験も随時受け付けています。

【当事者talk】知ってる?子どもの発達障害 byりょう育ママ

7月28日、当事者talk開催!

Ledesone様が主催する当事者talk。
今回は兵庫県を中心に「あつまれ!発達凸凹ちゃん~3人の発達凸凹ちゃん育児中のママが作るコミュニティ~」にて
活動されている「りょう育ママ」さん
をゲストに迎え開催されました。

会場参加、オンライン参加ともに様々な方に参加いただきました!

それぞれの“違い”

まずはアイスブレイクとして、グループで軽く自己紹介のあと、それぞれの違いについて話をしました。

・男女
・利き手
・好きなもの・嫌いなもの
・得意なこと・苦手なこと
・感覚(物事の捉え方や考え方など)

などなど…あげればキリがないですが、改めて考えてみると「同じ人なんていない」ということがよく感じられたワークでした。

りょう育ママさんの講演

講演いただいたりょう育ママさんは、3人の発達凸凹ちゃんを育児中で、育児中大変だったことや
りょう育ママさん自身が感じておられたこと、辛かったことなど赤裸々にお話してくださいました。

全てご紹介したくなるような、とても分かりやすく、聴きやすい講演だったのですが
今回は講演の一部をご紹介したいと思います。

・皆それぞれが、障害=その人ではなく、その人(子)自身だということ
りょう育ママさんの3人の発達凸凹ちゃんのお子さんは、障害の診断名はほぼ同じだそうです。
その障害のイメージからいうと…「コミュニケーションが苦手」と思われてしまうことが多いですが
実際は全くその通りではなく、3人の発達凸凹ちゃんの中でも、コミュニケーションが得意な子もいれば、それぞれ
に得意なこと、個性があり、もちろん性格も全く異なっています。
障害というフィルターを通してみると「~障害はこうだ」とのイメージになってしまいがちですが、
そのようなことはなく、皆それぞれが障害者であるまえに人であり、その一人ひとりに個性や性格があるという
ことをお話を聴き改めて感じました。

りょう育ママさんも初めからうまく子育てができていた訳ではありません。
一人で悩んだ時期もあったそうですが…周囲の協力もあってこその現在だとお話されていました。
現在も悩まれているママさんやご家族の方もいらっしゃると思います。
そんな方々が気軽に交流できたり、相談できたりできる場所を作りたいという想いでりょう育ママさんは活動されています。

どんなことができるだろう?

りょう育ママさんの講演が終了した後は、

・りょう育ママさんの3人の発達凸凹ちゃんの特性
・参加者自身の特性

を、伸ばしたい特性・改善したい特性に分け、その上で改善するにはどんなアプローチができるのか?を
グループで検討しました。短い時間でしたが、各々が意見を出し合い、まとめ、発表まで。
それぞれの視点から、様々な意見を一つの形にしていく過程は

・それぞれの話にしっかり耳を傾けること
・意見を否定するのではなく、どうすればいいのかを一緒に考えられること

が、とても大切だなと感じましたし、それぞれのグループの意見もとても面白く参考になるものでした。

次回のイベント

Ledesone様が主催、ウィズが協力させていただき、8月11日(日)イベントを行います!

一般社団法人日本ダイバーシティ推進協会の代表理事 久保様をお招きし講演いただきます!

生まれた国の違い、男女の違い、年齢の違い、障害の有無など様々な多様な人々が共存する超多様性社会。
様々な”違い”を価値に変え、これからの働き方、生き方、モノづくり、コトづくりを一緒に学んでいきませんか?

中々ない機会だと思いますので、皆さん是非お越しくださいませ!
詳細はこちら→→  https://divercity-talk-ws.peatix.com/

 

当事者talk主催のLedesone様、今回講演いただいたりょう育ママ様、本当にありがとうございました。
ご参加いただいた方々も感謝申し上げます。

Ledesone→→  https://ledesone.com/
当事者talk→→  http://toujisyatalk.mystrikingly.com/
りょう育ママ→→  https://decobocofamily.amebaownd.com/

 


イベント・セミナーなどに関してもお気軽にお問い合わせください!

最新情報をチェックしよう!
>些細なことでもご相談ください

些細なことでもご相談ください

利用に関するご相談はもちろん、就職・体調管理・福祉サービスに関することなど…お気軽にご相談ください。
どんなに些細なことでも、しっかりお話を聴き一緒に考えます。