ウィズでは
・移行支援通所中のコミュニケーション・体調管理ツールとして
・就労後の就労定着・職場内でのコミュニケーション・体調管理ツールとして
SPiSを導入しています。

SPiSとは

SPiSとは、ご利用者に応じてカスタマイズ可能な「日報システム」です。
大きな特徴としては

①日々の記録
 気になることや(チェック項目の設定)や服薬管理、日誌を日々記録します。

②グラフ化(可視化)
 チェック項目のグラフ化により体調や気分の波をグラフ化できます。
 見えることにより体調や気分の波を把握することができ、事前に対策を検討し
 実行することができます。

③情報の共有
 ご利用者の記録やグラフを
 ・就労移行通所中は支援者間で
 ・就職後、就労定着の際は、支援者・企業担当者間で
 常に共有されています。
 また日々の記録への返答を通じコミュニケーションを図ることができます。

SPiSを使用した支援

ウィズでの就労移行支援ご利用時の「支援期」
就労後の定着支援時の「定着期」
の2段階の使用方法で支援を行います。

・支援期
 ご利用時の支援期については、ご利用者・支援員・サビ管(支援員)を一つの
 チームとし支援します。

・定着期
 就職後の定着期については、ご利用者・企業担当者・支援員を一つのチームと
 し支援します。

SPiSを活用した支援ではコミュニケーションや情報の共有が行いやすい環境を作ることができ、ウィズをご利用時から就職後の定着時についても”繋がり”をたもち、安心感を感じられる支援を提供します。